アスリートも注目するGABAとは?

動物や植物の体内には、必ず多くのアミノ酸が存在します。ただアミノ酸と言っても、多彩な種類が存在するのです。その1つはGABAです。主に精神的が安定性に関わるアミノ酸になります。

神経の興奮を抑える力があるGABA

ところで人間の体内にある神経に対する物質には、様々なタイプがあります。神経や脳細胞などを興奮させる物質などは多いですが、その逆もあるのです。いわゆる興奮などを抑制してくれる物質です。

GABAもその1つになります。冒頭でも触れた通り、GABAはアミノ酸の1つです。
一般的にアミノ酸はタンパク質の構成成分と捉えられがちですが、GABAは例外的な存在になります。いわゆる神経の興奮を抑制してくれる物質だからです。

ストレスが多いのでGABAは不足しがち

ところで現代人の方々は、よくストレスに悩んでいます。ストレスを引き起こしてしまう要素が沢山あるからです。

仕事や日常生活などで、大きなストレスを抱えてしまう事もあるでしょう。
それで人間の体内には、もともとGABAは存在するのです。しかし昨今では、それでは足りないとよく言われています。

というのも、ストレスの程度が大きすぎるからです。ストレスのレベルがそれほど大きくなければ、体内にあるGABAでも何とかメンタル面の調整をする事はできます。
しかし、それにも限界があるのです。あまりにもストレスが大きな時などは、体内のGABAでは不足してしまう事もあります。

GABA不足による過剰な緊張状態

ところで人によっては、やや緊張状態が高まっている事もあります。
他の方々と比べると、緊張状態が過度なレベルになっていて、本人としてもそれを自覚している事もあるのです。

なぜ過剰な緊張状態になるかというと、GABAが不足しているからです。
上記でも触れた通り、GABAには神経の過剰な興奮などを抑制してくれる力があります。ですからその物質が不足してしまえば、どうしても興奮状態も高まりやすい訳です。

したがって他の方々と比べると、緊張状態が高まってしまう事になります。ですからGABA不足は、あまり望ましい事ではありません。

主に玄米に多く含まれているGABA

ですからGABAを補ってあげるのが望ましい訳ですが、普段の食生活が白米メインの方々などは、要注意です。
というのも白米ですと、GABA不足になる傾向があります。

そもそもお米と言っても、白米だけが唯一の選択肢ではありません。発芽玄米というお米もあるでしょう。
それで発芽玄米は、含まれているGABAの含有量に大きな特徴があります。その中には、100グラム中10ミリグラムのGABAが含有されているからです。

10という数字は、白米と比べてもかなり大きいです。通常の白米でしたら、せいぜい1ミリグラムに限定されるからです。
ですから白米から玄米に変えてみるだけでも、GABAの摂取量はだいぶ変わってくるでしょう。

その他にも、いくつかの野菜類の中にもGABAは含まれています。主にアスパラガスやメロンやトマトなどの野菜に多く含まれているのです。
その他にも、漬物の中にも比較的多く含まれています。

アスリートの方々も着目している

このように色々な食材に含まれるGABAですが、しばしばスポーツ選手の方々も注目しています。

運動選手の方々には、やはり高いスコアを記録なども求められる事になるのです。しかし高いスコアを記録する上で、プレッシャーなどを感じている選手の方々も少なくありません。

しかしGABAという物質は、興奮を抑えてくれる力が見込まれる訳です。そして昨今では、GABAを含んでいる食品なども色々なメーカーが販売しています。

ですから運動選手の方々は、しばしばGABAを含む製品を接取しているのです。
最近では一般の方々も、ストレス軽減の為にGABAを含んでいる製品を接取している事もあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です